『口臭』って? 第1弾 | とよつ歯科・矯正歯科

大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

『口臭』って? 第1弾

 

口臭予防に一役買っているのが『唾液』になります。

その唾液が寝ている間には分泌される量が少なくなるため、

起床時に不快な臭いがすることがあります。

これを「起床時口臭」と呼びます。

 

また、唾液の分泌に関わっているのが自律神経になります。

睡眠不足、ストレスがある生活が続くと、自律神経のバランスが

崩れて唾液の分泌量が減り、口臭の原因になります。

 

唾液には口の中を洗い流す作用があります。

唾液が少なくなると口の中が乾燥し、菌が増殖していきます。

このときに発生するガスが口臭となります。

 

その他の口臭の原因としては疲労、加齢、歯周病、副鼻腔炎、

糖尿病、唾液の分泌量が減る空腹時などがあります。

唾液量が増加するのは食後で咀嚼運動により唾液の分泌量が増えます。

 

また、口臭が気になるからといって歯磨きを念入りにすればそれだけで

改善するというわけではありません。

食後であれば咀嚼運動によって分泌された唾液を有効的に利用したいので

30分から1時間ほどあけてから歯磨きをされるのがよいでしょう!