歯の知覚過敏の原因と 治療方法は? 第1弾 | とよつ歯科・矯正歯科

大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

歯の知覚過敏の原因と 治療方法は? 第1弾

みなさんの中で「冷たい物を飲んだり食べたりして歯がしみる」などといった経験をされた方はいないでしょうか?
「歯がしみる」原因には、知覚過敏、虫歯、歯周病など色々な原因が考えられます。ではその中で知覚過敏とはどういったものなんでしょうか?

●知覚過敏の症状

冷たい物や温かい物を食べたり、飲んだりした時そして歯ブラシの時などに起こります。

これらの刺激が加わった時に、キーンと神経にさわるような一過性の痛みを生じさせるのが知覚過敏の特徴です。

●知覚過敏の原因

歯は、上からエナメル質、象牙質、セメント質、神経で構成されています。

エナメル質がすり減ったり、なくなることで少しずつ象牙質が表面に出てきて神経が刺激されることによって起こります。

そのため、象牙質に歯ブラシが当たって痛みが出たり、冷たい物や温かい物を食べることでしみたりするのです。

エナメル質がすり減る原因は主に以下のようなものです。 

①不適切な歯磨きによるもの
 毎日同じ場所ばかりを強くゴシゴシ歯磨きすることで、歯がすり減り知らないうちに

 象牙質が表面に出てきます。

②酸性飲食物の過剰摂取 
 エナメル質は非常に硬い組織ですが、酸に弱いという性質があります。

 オレンジなどの柑橘類や酸性食品などを頻繁に摂取する事によりエナメル質が溶ける

 『酸蝕歯(さんしょくし)』を引き起こし、象牙質が表面に出てきます。

③歯ぎしり、噛み合わせが悪い 
 歯ぎしりや噛み合わせの不具合で歯に負担がかかり、

 歯のエナメル質がすり減ることで象牙質が表面に出てきます。

④歯周病 
 歯周病は、歯茎に影響を及ぼします。歯の根っこにはエナメル質はなく、セメント質があり、

 その下に象牙質があるという構造をしています。歯周病で歯茎が痩せてしまうと

 歯の根っこが表に露出してしまいます。

 歯の根っこは弱い部分になりますので象牙質が表面に出てきやすくなります。

●知覚過敏の対処法、治療法

①丁寧な歯磨き 
 優しく丁寧に、弱い力で磨きましょう。予防のためには、普段から研磨剤の入っていない

 歯磨き粉を使うようにして、 知覚過敏の症状があれば知覚過敏用の歯磨き粉に変えると

 良いでしょう。

②食生活に注意する 
 柑橘類や炭酸飲料など、酸性食品の摂り過ぎに注意が必要です。

③歯科医院で治療する 
 歯科医院では知覚過敏用のお薬を塗布する方法、エナメル質がすり減っている部分に樹脂を詰める方法、

 レーザーを照射し象牙細管を封鎖して、歯の神経に伝わる刺激を防ぐ方法があります。