大阪、吹田、豊津、千里、北千里、江坂、東淀川区、出口町のとよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

歯を失う原因?

 

●歯を失う原因にはどのような原因があるのでしょう?

 ①むし歯や歯周病などによって歯を残す事ができなくなってしまった場合。

 ②外傷(ぶつけたりなど)で歯が抜けてしまう、残せない状態のため

  抜かなくてはいけなくなってしまった場合。

 ③矯正治療のため歯を抜く場合。

 ④親知らずなど

 

●歯を失った後そのままにしておくとどうなるのか?

 かみ合わせに関係のない歯を抜く場合は、経過をみつつ様子をみます。

 かみ合わせに関係のある場合は、抜いた歯の部分を何らかの方法で補う必要があります。

 なぜかというと、歯を失うとその部分が隙間になり両隣の歯や、かみ合っていた歯が

 時間をかけて隙間に寄ってきます。

 

●歯を失った場合どんな治療法がある?

 治療法には次のような方法があります。

①ブリッジ

 失った歯の両サイドの歯を削って土台とし失った部分を回復させます。

 お口の中で固定したままになりますので不快感が少なくなります。

 ただ、両サイドの歯が健康な歯の場合は健康な歯を削るというデメリットがあります。

 また、両サイドの歯に負担がかかりますので、歯の状態によってはブリッジが出来ない事があります。

②入れ歯

 歯を削る量は少なくなります。ただ、取り外すタイプのためブリッジと比べると不快感が強くなります。

 また、扱い方が慣れるまで難しい事があります。

③インプラント

 顎の中にネジを埋め込み、その上に人口の歯を入れます。自費診療になるため費用が実費になります。

 また手術になるため、患者様に身体的負担がかかります。