大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

知覚過敏 第2弾

 

むし歯でもないのに冷たい物を飲んだり、

食べたりして歯が凍みたり痛んだりしたことはないでしょうか?

そのような症状を知覚過敏といいます。

 

 

健康な状態であれば、エナメル質と歯茎に守られていて冷たさなどの

刺激が神経に伝わらないように守られています。

それが歯周病の進行などにより歯茎が下がってしまうと

歯の根元の象牙質が露出し受けた刺激が神経に伝わりやすくなり痛みを感じやすくなります。

 

 

知覚過敏になると歯磨きをするだけで痛みを生じるため

歯磨きがおろそかになってしまい磨き残しが出来てしまい、

むし歯になってしまうなどの悪循環を引き起こす原因になります。

 

そうなる前に毎日のケアとして歯磨きは重要になってきます。