大阪、吹田、豊津、千里、北千里、江坂、東淀川区、出口町のとよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

親知らずは本当に抜かないと駄目? 

 皆さんは、「親知らず」生えていますか? 奥歯に位置する第3大臼歯、

それがいわゆる「親知らず」になります。

虫歯など他の原因で歯医者を訪れた時に、親知らずが生えていることを指摘され、

抜歯を勧められることがあります。

「親知らず」は、変な生え方をすることが多いので、虫歯や歯周病になりやすいのです。

歯の健康を保つために、抜歯をオススメすることもあります。

まず、親知らずについてよく知っていただくのが良いと思います。

■「親知らず」とは?
・上顎、下顎の一番奥に生える第三大臼歯、「8番目の歯」で、全て生えると計4本。

・現代人は顎が小さくなっているため、第三大臼歯のためのスペースがない場合が多い。

・そのため、外側に傾いて生えたり、歯ぐきに埋没して、少しだけ外部に出ているなどの生え方もある。

親知らずが生えているメリットはないのか?

きれいに生えているならともかく、変な生え方をしている場合はデメリットしかないと考えても

よいでしょう。

そもそも一番奥に生えるので、歯ブラシが届きにくく、歯磨きをしてきれいに保つのも大変です。

■親知らずの主な問題点
・歯ブラシで汚れが取りにくいため、歯周病や歯肉炎などになりやすい。

・既存の歯に悪影響を与えることがある。

・噛み合わせを悪くすることがある。

どうしても抜かないと駄目か?

歯周病や歯肉炎になってから来院するよりも早めに対処した方がいいと思います。

ひどい場合は、切開して歯を砕いて、処置することになりますので。そうなると大ごとです。

※絶対に抜かないといけない訳ではありませんのでご了承願います。

どういうことか?

親知らずが一度生えてしまうと、健全な歯を圧迫して、悪い影響を与えている状況になるわけです。

なので、本当は生えてくる前の段階で抜いてしまうのが良い、ということですね。

きれいに生えるのであればそれを無理に抜くことはありません。

吹田市の『とよつ歯科・矯正歯科医院』ではそのような抜歯なども承っております。

まずはお早めにご相談を!!