大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

カテゴリ

SGICに参加してきました by院長

こんにちは。とよつ歯科・矯正歯科 院長の気比です。

先日S.G.I.Cの勉強会に出席してきました。SGICとはStudy Group of Implant Consensusの頭文字で、科学的背景を遵守し、かつ安全なインプラント治療を実践し、啓蒙するということを目的として結成されたスタディグループです。

今回は、世界的に活躍されているインプラントオステオインテグレーションの権威であるダニエル・ボッティチェリ先生が来日され、ご講演いただきました。

インプラント治療は顎の骨にインプラント体を埋め込む事で失った歯の機能を補う素晴らしい治療方法ですが、
人間の頭部の構造上、上の顎においてはインプラントを安定させるための骨が少ないケースがあります。

従来は骨が足りないケースではインプラント治療を行う事はできなかったのですが、近年では「サイナスリフト」と呼ばれる骨造成処置等を行う事で、骨を作り出す治療方法が確立され、多くのケースに対応できるようになってきました。

この講演では、サイナスリフトにおける骨の上顎洞粘膜下においての骨の形成の順番や部位特異性についての研究内容を聞くことができました。

当院でも多くのインプラント治療を行っておりますが、患者様により良い治療とより良い結果を提供できるよう、日々技術研鑽を重ねております。この講演でも、使用する材料や術式が患者様にとって低侵襲でありながら、最大の結果を提供するための学びを得ることができました。

医学の進歩は素晴らしいものですが、その進歩の結果をより早く、より多くの患者様に提供できるよう、これからも勉強を続けて参ります。