大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

こどもの矯正(歯列育成)と治療例

矯正治療はお子さんにしてあげられる、最高のプレゼントだと私は思います


アメリカでは、歯並びの悪い子供を幼少期のうちに矯正治療してあげるのは親の責任だと考えられています。それだけ、その後の人生におけるデメリットが十分に理解されているのです。

社会に対して、女性の立場から情報発信をしているスージー・ウェルチ氏は次のような言葉を残しています。

あなた自身の決定が、10分後、10か月後、10年後にどうなっているか想像してみなさい。(By Suzy Welch)

歯並びの悪いお子さんを連れて来院されるお母さんを見ていると、矯正治療は親が子供にしてあげられる最高のプレゼントだと感じることがあります。子供の将来を見据え、10年後に「ありがとう」といってもらえる選択をしてあげることが子供の人生を豊かにするにつながります。

歯並びの悪さは成長により自然に改善することもありますが、それは非常に稀なことです。永久歯の前歯が生えて歯並びが気になるようならば、矯正治療をするしないは別として、早めの相談に来ていただくことをお勧めいたします。

矯正治療はお子さんにしてあげられる、最高のプレゼント

子どもさんの矯正治療とは、実はすごく長い期間 歯医者と患者様が一緒に向き合って治療していく必要があります。

もちろん、最初に「ちょちょい!」と治療をしてそれ以上介入しなくても良い症例もたくさんあります。

患者様によっては、「あの小はすぐに治療が終わったのに、うちの子は何故まだまだ続けていかないといけないの?」という疑問はよく受けます。

それは、患者様の骨格に多くの原因があります。

早く治らないのにも分けがあります。

激安な治療費のところにも分けがあります。

誰もが受けられる治療でないことも御理解いただかなければなりません。

たくさんの装置があります。

たくさんの方法があります。

どの装置にもメリットデメリットがあります。

このページではそんな矯正治療というものに対してみなさんにできるだけ、知っていただこうと思って作りました。

自分の歯や、

お子さんや

お子さん

奥さん

旦那さん

はたまたおじいちゃん、おばあちゃん

にだって矯正治療はできます。

ただ…、

見た目を治すだけが矯正治療ではありません。ですので、なぜ矯正治療が必要なのかを、見た目以外にも知っていただくことが、あなたのこれからの人生に大きなメリットをもたらせることをお約束します。