大阪、吹田、豊津、千里、北千里、江坂、東淀川区、出口町のとよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

矯正治療の目的~なぜ矯正治療が必要なの?メリットは?

矯正治療7つのメリット

1.口元がキレイになる

言わずと知れた最も感動する部分です。

「歯が凸凹」、「歯のすき間」「出っ歯」「受け口」などといった見た目の問題が解消されます。

2.歯ブラシがしやすくなるため、虫歯や歯周病に対し、抵抗力のある歯になれる

虫歯に対して

歯並びに問題があると虫歯になりやすいというのは、当たり前の話ですが、虫歯治療そのものが難しいのです。

せっかく治療しても、正常な歯並びの方よりも結果が悪く再び虫歯になりやすい状態が続きます。

磨けない
磨きやすい

歯周病に対して

歯は単独で存在しているわけではなく、歯の根っこは骨に埋まっており、その周りを歯ぐきが覆っています。

しかし、歯の並びが悪く、外にとび出した歯は根っこが一部、骨から出ていることがあります。

こうした場合、根っこの周りは歯ぐき1枚という状態となり、その歯には過度の力がかかりで歯周病のリスクが高くなります。

矯正治療後はバランスよく噛む力が分散され、結果として歯周病に対して抵抗力ができます。

歯ぐきがやせる
歯ぐきが安定する

3.あごの関節と歯の並びに変化がおこる

あごの関節と歯の並びには深い関係があります。

人間は雑食性であり、他の動物とは違ったあごの関節をしています。

肉食性の動物は、肉を噛みちぎることを目的とした歯を持っていて、そのため関節は口を開いたり閉じたりといった上下の動きのみの動きをします。

一方、草食動物は、草をすりつぶすことを目的とした歯を持っていて、関節は前後左右に動きます。

あごの関節と歯の並び

雑食の人間はその両方の動きをする複雑な関節の形を持っています。

歯並び と あごの関節との関係が悪い場合、歯またはあごの関節のいずれか、またはその両方にダメージが蓄積することがあります。このため、あごの関節とそれぞれの歯が本来の役割を発揮できるように歯の並びを治すことが矯正治療の目的となります。

※反対に顎関節に負担を与える、歯に負担を与える考えもあります。

患者様によっては、決して万能の治療というわけではありません。

4.横顔がすっきり整います

口元は、お顔の3分の1以上を占めています。「人は見た目が8割」などと言われますが、その中でも歯や口元は顔の印象を決める上での大きな要素のうちのひとつ。

矯正治療は結果としてお顔の印象に変化を与えてくれます。

「口元が出ている」、「笑った時の歯ぐきが気になる」といったお顔に関わる問題を気にして相談に来られる方も少なくありません。

口元の問題を解決するためには前歯を奥に動かしたり、歯ぐきの問題の解決には前歯を上に持ち上げたりします。きれいな歯の並びだけでなく、ひとつひとつの歯の位置をきちんとコントロールすることで、見た目を変化させることができます。

治療前(横顔)
治療後(横顔)

5.大きな口で笑える!! 笑う時に、手で口を隠す必要はありません

6.矯正治療を受けることにより、歯ブラシの習慣がつきます

7.矯正治療の一番のメリットは、治療を受けるご本人が、一生自分の歯を使うように、考え方を変えることです

知っていて損はない!!歯の大切さ!! 予防歯科の重要性

これからは、一生自分の歯で噛む時代です。

矯正治療をうけたある高校生の患者さんが

前よりも積極的に人前に出れるようになった

化粧するのが楽しくなった」という感想を言ってくれました。

また、ある成人女性の患者様で、お世辞にもお洒落とはいえませんが、

矯正治療が進むにしたがって、ファッションも劇的に変化し、

今では歯並びだけでなく、頭のてっぺんからつま先まで、美しく変わった患者様もおられました。

これは歯並びがキレイになることによりコンプレックスが消え、心までキレイになったよい例だと思っています。

患者様が一人でも多く幸福になれるように、私たちも精一杯がんばらなければならないと感じます。