大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

顎関節症とは?

*顎関節症って?

こんにちは、歯科衛生士の岩橋です。今回は、顎関節症についてお話させていただきます。
顎関節症って言葉としてはたまに聞くけれど、実際どのような症状が出るものなのかご存知ですか?

①顎関節の痛み

②関節音がする(カクカク、ポキポキ)

③口が開けにくくなる

を全て含めて顎関節症と呼びます。

 

*顎関節症の原因は?

咬み合わせの異常、怪我、歯軋りや食いしばりの悪習慣、ストレス、遺伝など様々な原因が関与して、発症または増悪します。

 

*なぜカクカク音がなるの?

これは、顎の関節内になるクッション(関節円板)部分が前にズレてしまう事によって起こる事が多いです。このズレが大きくなればなるほど、顎関節症の症状は強くなり、ひどい場合には、痛みでお口を開けられなくなります。

本来であれば、クッションである関節円板は下顎頭の外側と内側にしっかりと付着しています。しかし、前後方向の付着はゆるいので、強く大きな力が長い間、顎関節に加わり続けると、クッションである関節円板はにズレが生じることがあります。

これらにより痛みが発生してしまいます。

 

*どんな種類があるの?

①あごを動かす筋肉の痛み

②顎関節の痛み

③顎関節の中の関節円板(関節円板とは、顎関節の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている組織です。)

④顎関節を構成する骨に変化が生じている

場合などに分けられます。

 

*どのようなことに気をつけたらいいの?

硬い食品を避ける、仰向けで寝る、頬杖をやめることや猫姿勢をよくする、食べ物も左右で噛むようにすると、少しずつ改善されていきます。
上下の歯が接触していることに気付いたら歯を離してお口を緩めるようにしましょう。
また、顎関節症はストレスと密接に関わっています。特に強い心理的な緊張を感じる環境があれば、それを改善したり避けるといったことも必要です。