大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

あなたにあったデンタルフロス

こんにちは、歯科衛生士の内田です。

今日はデンタルフロスについてお話します(*^▽^*)

みなさん、糸ようじは使用していますか??

歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届きにくいため、磨き残しや虫歯菌、歯周病が発生しやすい場所です。

歯ブラシのみの歯と歯の間の歯垢除去率は58%と言われています。

しかし、歯ブラシ+糸ようじでは歯と歯の間の歯垢除去率は86%と除去率がかなり上がります。

薬局に行くと様々な種類の糸ようじが販売されています。

患者様一人一人のお口のお悩みに合わせて

糸ようじの用途についてご紹介させて頂きます!

 

●ホルダータイプ(F型)

前歯の歯間の汚れが気になる方に。

●ホルダータイプ(Y型)

奥歯の歯間の汚れが気になる方に。

●ロールタイプ(巻型、ワックスタイプ)

はじめてフロスを使用される方や歯間部が狭い方には、

歯間部になめらかに挿入できるワックスタイプを。

●ロールタイプ(巻型、アンワックスタイプ)

フロスの使用に慣れてきた方や歯間部が広がってきた方には、歯との摩擦力がありプラーク(歯垢)をかき出すアンワックスタイプを。

フロスの種類には、フラットタイプやふくらむタイプがあり、歯間部の広さに応じて使い分けください!

是非、一度フロスを使ってみて下さい(^◇^)