大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

お口の健康から

こんにちは!歯科衛生士の奥下です🐰💕
以前にAmebaブログにて誤嚥性肺炎についての内容をアップさせて頂いたのですが、こちらでもシェアしていきたいなと思います^^
ご高齢になられると、健康教室を受ける機会が多くなりますが、20代〜60代ぐらいまでの方は、あまり聴く機会は少ないのではないでしょうか??
今回は誤嚥性肺炎と絡めて予防とメインテナンスの大切さを話ししたいなと思います🙋‍♀️
誤嚥性肺炎とは、唾や飲み物・食べ物が本来であれば食道を通るはずが、誤って気道を通ってしまうことで起こる肺炎です。
肺炎は日本人の死因第3位内にランクインする病気ですので、自分でなくとも親族・友人が罹患する可能性は充分にありえます。
厚生労働省の調査によると60代の死亡原因第5位に肺炎がランクインしています。年齢が上がるにつれて肺炎死亡率もあがり、90代では死亡原因が第2位となっています。
人生100年時代と言われる近年、現在の私達の平均寿命は男女ともに80歳を超えていますが、
推計によると現在40代で98歳、60代で94歳、20代になると102歳が平均寿命と言われています(´⊙ω⊙`)
医療技術は日進月歩ですので、きっと私達が想像している年齢以上に長生きすることになるでしょう、、
ということは!
しっかりと身体のメインテナンスや予防に力を入れてあげないと、人生の20年、30年を介護が必要な状態で過ごすことになります。出来るだけ、自分の身体は自由に動かせる時間が、長い方がいいですよね🥺💦
少子高齢化により、介護をする側の人手が少ないのは皆さんご存知だとは思いますが、それは現状から推測しても私達が介護を要する時代になっても変わらないでしょう。
ロボット開発も進み、介護用ロボットも出てきていますが、介護はAIには出来ない愛のあるお仕事だと思っています。
我が子世代を思うのであれば、今からでも出来るだけ自立できる身体を整えましょう。
歯が残っていると残っていないとでは、介護レベルも全然変わりますし、残っている歯の質も良いと悪いとでは更に変わっていきます^_^✋🏻
歯科訪問診療にて、自分や親族の将来の姿をよく考える機会が多いのですが、つくづく予防は大切だと感じています。
他人事ではなく、自分事として!!人生100年時代に向けて健康なうちからメインテナンスをしっかりと行っていきましょう🧐