大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

歯がしみる原因

こんにちは!
管理栄養士の森です(*’ω’*)♪

みなさま、歯がしみるといったことを経験したことはありますか?
アイスを食べたときに、熱いものを食べたときに
歯がしみたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
当院でも、熱いものや冷たいものがしみて、
来院される方がたくさんおられます。

歯がしみる原因は大きく分けて2つあります。

① 虫歯
当たり前かもしれませんが、キーンという痛みと共に起こるようであれば、虫歯の可能性が高いです。
基本的には削るなどして治すしかありません。
治療としては虫歯をとって削れた部分に
銀歯やプラスチック、セラミックなどで詰め物をしていきます。

②知覚過敏症
冷たいものでしみる方がこれに当たります。むし歯ではありません。
歯は神経を守るために2層構造になっています。
神経に近いほうから、象牙質、エナメル質といいます。
外側のエナメル質が削れてしまったり、歯茎が下がって歯の根が見えたりすると象牙質を覆っている層が弱くなります。
象牙質には、細い管が無数にあるのでそこに刺激が伝わると、
神経まで伝わりしみるといった症状を引き起こします。
原因は、歯磨きの力か食い縛りなどの強い力と言われています。
歯磨きも毎日行うことですので、優しい力で磨くように心がけましょう。
噛む力に関しては強い人は歯と歯茎の境目にくさびのように削れてしまい、しみる症状が出ることがあります。

知覚過敏症の治療としては、
まずはしみ止めのコーティング剤を塗ります。
一回で効く人もいますが、何度か塗って効果が出てくることもあります。コーティング剤にもいくつか種類がありので、
患者様にあったものを探す必要があります。
歯自体が削れている場合は樹脂で埋めてあげることで症状がよくなる場合が多いです。
後はしみ止めに効く歯磨き粉もあるのでうまく活用することも必要かと思います。

もし最近歯が「しみる」といった症状があれば、
知覚過敏かなとご自身で判断せず、ご相談ください。