大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

よく噛むことは、歯にとっていいの??

 

こんにちは、管理栄養士の森です(*’ω’*)
今回は、”よく噛んで食べること”についてお話していきたいと思います。

よく噛んで食べることは、体にとってはとても良いことですが、
歯にとってはどうでしょうか?
歯が健康な状態であれば、よく噛んで食べることをお勧めします。

しかし、治療中の歯は、普通の歯よりも弱いので、
たくさん噛むことで、それだけ多くのダメージを受けます。

歯がダメージを受けて、歯の根っこの先の部分まで、割れてしまえば、
歯を残すことが難しくなるので、歯を抜かないといけなくなることもあります。

歯を抜いてしますと、ブリッジや、部分義歯(入れ歯)、インプラントで歯を補う必要があります。

ブリッジを選択した場合、抜歯した歯の両隣や、連結しなくてはいけない歯のところ(虫歯のない健康な歯でも)を、削らなくてはいけないことになります。
部分義歯(入れ歯)になった場合も、バネが入るところに引っかかりをつけるために、僅かに何ともない歯を部分的に丸めることをしなくてはなりません。

それ以外にも、治療中でない場合であっても、
虫歯を放っている場合は、そこで硬いものをよく噛めば、もちろん歯は大きく欠けます。
そして、大きく欠ければ神経が出てくるので、健康な神経を抜いて全体的に削って、大体のパターンで差し歯になります。

歯周病の場合は、歯周病が進行した歯で硬いものを噛めば、歯のぐらつきが悪化して、最終的には歯を抜かないといけないことになります。

また、顎関節症の方が、硬いものなど、たくさん噛んでしまうと余計に症状が悪化してしまったり、

矯正中の方が、硬いものたべすぎてしますと、矯正装置が外れてしまったり、破損してしまったりすることもあります。

また噛みあわせの強い方が、歯にヒビが入っていることを知らずに、たくさん硬いものを噛んでしまったら、歯が割れるリスクが高くなります。

そのため、よく噛んで食べることができる状態かどうかは、
その方のお口の状態によって変わってきます。
ご自身のお口の状態をしっかり知っておくためにも、
定期的に歯科医院にお越しいただいて、しっかり歯を守っていきましょうね!!