大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

喫煙と歯周病の関係

こんにちは!歯科衛生士の内田です(^。^)

今回はタバコがお口の健康にどのように影響してくるのかをお伝えします。

タバコを吸う人は、吸わない人に比較し歯周病にかかりやすいと言われています(・Д・)

その理由は
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する働きがあり、血液の循環を悪くします。歯茎に酸素や栄養が届きにくくなり、歯周病菌と戦う機能が低下してしまうのです。

通常、歯周病にかかっていると歯茎から出血する症状が現れることが多いですが、タバコを吸っていることで歯茎の血管が収縮し、歯茎から出血しにくく、症状が分かりずらい場合があります。

またタバコを吸うことで発癌リスクを高まり、全身にも影響を及ぼすことになります。

健康で長生きするためにも、タバコを吸うことで起こるリスクについて考えてみましょう!!