大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

歯の神経を抜いたら痛みはなくなる!?

みなさんこんにちは!
歯科衛生士の道前です(^^)
今日は、歯の神経を抜くとどうなるのか?というお話です!

「歯の神経を抜くと、痛みがなくなるんでしょ?痛いぐらいだったら神経を早く抜いてほしい!」
そう思われる患者様も少なくありません。
そこまでは思わなくても、「歯の神経を抜く」ということの意味をあまり分かっていない方も多いと思います。

ちなみに私も歯科の勉強をするまではあまりよくわかっていませんでした。
歯医者さんで虫歯治療をしたときに「虫歯結構深いけど神経は抜きたくないから、、お薬引いて様子見るね」と先生に言われ、あまりピンとこず、なんのことだろうと思っていました。

結論をいうと、歯の神経は抜かないのがベストです。

そして実際のところ、歯の神経を抜いたとしても、痛みは出ます。
それに加えて、歯の寿命がかなり短くなります。

歯の神経を抜くと、まず、歯が脆くなります。
そうなると、ちょっとした噛む刺激などで欠けたり、亀裂が入りやすくなります。
例えば、歯の根っこに亀裂が入ってしまうと、最悪抜歯という経過をたどります。
また、神経を抜くことで歯自体が弱くなり、細菌に感染しやすくなります。
ちょっとした隙間から細菌感染し、根っこの先に膿をためて強い痛みや違和感が出ることがあります。

神経がなくなることで、冷たいものやあったかいものなど温度刺激による痛みはなくなりますが、噛むと痛い、なにもしなくてもずっと鈍痛や違和感が続いているなど違う痛みがあります。

歯の神経を抜くことがどれだけ恐ろしいことか分かりましたか?

まずは、虫歯にならないように、そして、虫歯になっていたとしても早期発見できるように、定期検診にぜひ来ていただいて、しっかりケアをしていきましょう!