大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

虫歯治療のすすめ方

LogoSなぜ虫歯になったのかが大事!!


『原因』…虫歯ができるのには、必ず原因があります。

ただ虫歯ができてしまったからといって、その原因を考えずに、削り、つめ物をする。

そういった治療では必ず再発します。

『とよつ歯科・矯正歯科』では、最新の検査機器を使用し、患者様に負担をかけずに虫歯の再発を防止します。

 


 

デジタル虫歯診断機で、虫歯の状態を正確に判断します

デジタル虫歯診断機「技」と「勘」に頼った診断のままで良いのでしょうか?

カボダイアグノデントは歯科医が肉眼で診断するよりも、2倍の確率で、痛みもなく、虫歯を発見し、数値化して正確な診断を助けます。



心臓なら心電図を用いて状態を把握するように、歯の状態も数値化して正確に把握することが、必要かと考えます。

カボダイアグノデントならレーザーで、スピーディーで正確なに診断ができます。

もちろん患者様にご負担なく、非常に簡単に終わります。

 

虫歯治療方法

なりかけ虫歯には、削らずに再石灰化(治癒)を期待!!

初期のむし歯、小さなむし歯、大きなむし歯…

すべて同じように処置するのではなく、むし歯の進行度合いによって治療の進め方が違います。

『とよつ歯科・矯正歯科』では、なるべく削らないむし歯治療をしています。

歯の表面は、常に溶けたり(脱灰)、直ったり(再石灰化)しています。

条件が整えば再石灰化が促進され、虫歯は治ります。

 


 

yajirushi down

フッ化物塗布 + レーザー照射の併用治療

〇〇という歯科専用の高濃度フッ素含有ジェルを塗布



さらにCO2レーザーを照射し、フッ素の沈着

 

初期虫歯には、できるだけ削らずに!!

carisolvカリソルブを使って治療します。

カリソルブは、カリソルブ溶液(次亜塩素酸ナトリウムと3種類の混合溶液)の作用により、感染した象牙質のみを選択的に軟化させ、カリソルブインスツルメントを用いることでその感染部位のみを除去する治療法です。

一般臨床は1998年よりスウェーデンを中心に導入され、現在では世界47ヶ国で臨床導入されています。日本では2007年に厚生労働省に認可された新しい虫歯の治療技術です。

 

小さな虫歯はピンポイントで虫歯だけ!

quickjet

クイックジェットという機械を使って治療します。

普通のむし歯治療のようなタービン(従来の歯を削る器具)を使わず、軟化象牙質(むし歯により軟らかくなった歯質)だけを、クイックジェットのノズルから出てくる粒子でとばし、レジン(樹脂)を詰めます。健康な歯質はいっさい削られず、むし歯だけをとばします。

黒い所がむし歯です。粒子をふきつけむし歯だけをとばします。健全な歯質は、いっさい削っていません。樹脂を流し込み紫外線で硬化させ、治療完了。(痛みはいっさいありません)せめてこの段階までに発見をして治療しましょう!!

Quickjet chiryou

 

初期虫歯には、できるだけ削らずに!!

turbine



タービンを使って治療します。

従来のタービン(歯を削る器具)でむし歯の部分を全て削ってから型をとり、詰め物(セラミックス、金属)を詰めます。

contra angle



5倍速コントラアングルピース

従来のタービンでは、「キーン」という音がお口の中で直接鳴り響き、診療室内でも不快な音でしたが、この機材ではそのような高音が鳴らない設計となっているため、恐怖感がかなり軽減されます。