矯正治療では親しらず(第三大臼歯)は必ず抜かなければいけませんか | とよつ歯科・矯正歯科

大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

矯正治療では親しらず(第三大臼歯)は必ず抜かなければいけませんか

矯正治療では親しらず(第三大臼歯)は必ず抜かなければいけませんか

親知らず(第三大臼歯)を抜くか抜かないかは、歯並びの状況や、治療方法によって違いがあります。

また矯正治療を担当する歯科医師によっても、判断に違いが出てくることもあります。

矯正治療を始める方が全員、親知らずを抜く必要はないのですが、以下の場合は矯正治療前に親知らずを抜く可能性があるでしょう。

・親知らずのある方向に、歯を移動したい。

・親知らずが邪魔をして歯の移動を阻害してしまう恐れのある場合。

・親知らずが原因で炎症を起こし、腫れたり痛みを感じる場合。

・一番奥にある第二大臼歯と親知らずの間に、虫歯が発生しやすい状況になっている。

また逆に、親知らずを抜かないで、矯正治療で並べることもあります。

親知らずを抜くかどうかは、ご自分で判断したり、矯正治療をしない一般の歯科医院で判断するのではなく、実際に矯正治療を担当する歯科医師に説明を受けた上で、判断することが、とても重要です。