大阪~出口町の歯医者 とよつ歯科・矯正歯科です。

電話番号 06-6330-1111

小児歯科「心のケア」




心のケア小児歯科 image03

 

 

 

子供の頃に通う歯医者さんが人生左右する!?



歯医者さんが嫌いなお子様はとても多いですよね。大人の方でも歯科医院が苦手な方が多いと思います。その大きな理由として、お子様のころの嫌な思い出があるのではないですか?

歯科医院というのは、多くの人が幼い時期に出会うものですが、その時の印象がその後の人生を大きく変えてしまうと言ってもよいでしょう。

 子供の頃に「歯医者さんは恐いところ」というイメージがついてしまえば、子供のときはもちろん、大人になってからも歯科医院にはなかなか足を運びづらくなってしまいます。そうすると、どんどん歯を守ることは難しくなっていくのです。その結果、将来、歯を失ってしまう大きな要因となってしまうのです。 最終的に治療にかける費用も健常者の数倍かかってしまうという悪循環が起こってしまいます。

そうならないように、『とよつ歯科・矯正歯科』では、お子様に「歯医者さんは恐くなくい場所、それよりも楽しい場所」と思ってもらえるような医院作り・診療を心がけております。



情緒発達のしくみについて

皆さまはご存知でしょうか?

情緒には、

恐れ、心配、恥ずかしい、嫌悪、不満、失望、怒り、嫉妬、興奮、喜び、希望、得意、大人への愛情、子供への愛情などがあります。

小児歯科 image04

成長によりどんどん、治療の介入方法が変化していきます。

上へ戻る


 


生後6か月頃から、恐れ、怒りの感情が芽生え、

5歳でおおよそ、全ての感情が完成すると言われています。

幼稚園から小学生小学生低学年から高学年 と環境が変わる際のお子様の心の変化とは、私達大人が想像する以上に複雑で、そして繊細です。

私達大人は、そのサインをできるだけ見逃さず、遠くから見守り、介入の方法を配慮しつつも、できる限り対応してあげる必要があります。

歯科治療においても、そのようなお子様の感情の発達レベルに合わせて、その時の治療方法を対応しなければなりません。

例えば

3歳未満のお子様の場合、お母様は治療の際、横に付き添ってあげた方がよく、

3歳を超えたお子様は、自立心を養う意味で、一人で治療のお部屋に入っていただくことがあります。

また、2歳くらいからになった頃から小さい子どもへの愛情が芽生えます。この時は、お兄ちゃん、お姉ちゃんとしての自覚も出てきますので、御兄弟、もしくは近くにいるお子様の前で競争心を持ったりして、治療を頑張れる傾向があります。

お子様の成長に合わせ、治療への関わり方がどんどん変化していきます。

 

お子さんが歯医者さんを好きになるための4つポイント


① 初めて歯医者さんに行くときが、とくに大事 Click


② なるべく午前中(早朝はダメ)もしくは疲れていない時に通いましょう Click


③ お子様にあまりリアルな話をしない Click


④ 最良の方法は予防です。 Click

 

上へ戻る